top of page
  • 執筆者の写真西東京国際カレッジ サポートセンター

私立大学医学部の学費はどのくらいですか?TOP3はすべて4000万円超えです

国公立大学の中に医学関系の学部がある大学は50校しかないため、合格者は4人中1人と比較的難易度が高いとされています。このような状況で私立大学を受験する受験生も少なくありませんが、6年間という高額な授業料が問題となっています。国公立の医学部の学費が6年間で約350万円なのに対し、私立大学は2000 ~ 4000万円程度が一般的で、その差は大きいです。

中でも私立大学の医学部で一番授業料が高いのは川崎医科大学です。6年間で約4700万円かかります。川崎医科大学は、学校法人川崎学園が1970年に開設した、中国・四国地方唯一の私立医学部です。また、川崎医科大学附属高校は、日本の医科大学の中で唯一、大学入学前から医学教育を行っています。


因为国公立大学中只有50所拥有医学相关学部的大学,所以合格者是4人中有1人,难度比较高。在这种情况下,私立大学应试的考生也不在少数,但6年的高额学费成为了问题。国公立医学部的学费在6年内约为350万日元,而私立大学一般在2000~4000万日元左右,差异很大。


其中私立大学医学院的学费最高的是川崎医科大学。6年大约需要4700万日元。川崎医科大学是学校法人川崎学园在1970年开设的中国・四国地区唯一的私立医学部。另外,川崎医科大学附属高中是日本医科大学中唯一在大学入学前就开始进行医学教育。


2位は東京女子医科大学でした。2021年以降は約1200万円の値上げとなり、6年間で約4600万円の学費が必要となります。東京女子医科大学はその名の通り、日本で唯一、世界でも珍しい女子医大です。

ランキングを見ると、3位の金沢医科大学まで6年間で4000万円を超えています。10位の独協医科大学は約3700万円と高額ですが、トップの川崎医科大学と比べると1000万円程度の学費差があります。


第二名是东京女子医科大学。2021年以后将提高约1200万日元,6年内需要约4600万日元的学费。东京女子医科大学顾名思义,是日本唯一在世界上稀有的女子医科大学。


从排行榜来看,到排名第三的金泽医科大学为止,6年间超过了4000万日元。排名第10的独协医科大学大约是3700万日元,虽然很贵,但是和排名第一的川崎医科大学相比,学费有1000万日元左右的差。


【私立大学医学部授業料ランキングTOP10】です。


1位川崎医科大学(4736万5000円)


2位東京女子医科大学(4621万4000円)


3位金沢医科大学(4054万3000円)


4位埼玉医科大学(3957万7000円)


5位北里大学(3952万8000円)


6位帝京大(3938万8140円)


7位福岡大学(3773万8260円)


8位兵庫医科大学(3763万6600円)


9位杏林大学(3759万7000円)


10位独協医科大学(3733万0000円)

閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Komentarze


bottom of page