top of page
  • 執筆者の写真西東京国際カレッジ サポートセンター

政府は4月1日から新型コロナをインフルエンザに格下げし、感染者の隔離を求めない方針

更新日:2023年1月26日

政府は新型コロナからインフルエンザに移行した4月1日から、患者以外のマスクの着用を義務付けない方針です。

岸田総理大臣は18日、感染症法の新型コロナウイルスの分類を見直し、4月1日に現在の「フェーズ2」を「フェーズ5」に引き下げる方針で、加藤厚生労働大臣らと首相官邸で協議しました。20日に再び関系閣僚と協議します。マスク着用のガイドラインの緩和も検討する予定です。


政府从4月1日开始新型冠状病毒归类为流行性感冒,不规定患者以外的人必须戴口罩。

岸田总理大臣18日,重新评估新型冠状病毒的分类,以4月1日把现在的「阶段2」降低到「阶段5」的方针,与加藤厚生劳动大臣们在首相官邸协议了。20日再次与相关内阁成员协商。打算研究放宽戴口罩的指导方针。


感染症法では、感染症を危険性の高いものから第1から第5に分類しています。危険度が2番目に高い「2類」に分類され、入院を要請できるほか、仕事や外出の制限ができることから、国は季節性インフルエンザと同格の5類目の「新型インフルエンザ」に分類する方針です。


感染症法将感染症从危险性高的分类为第1到第5。被分类为危险度第二高的“2类”,除了可以要求住院之外,还可以限制工作和外出,因此国家将其分类为与季节性流感相同的第5类“新型流感”。

新型コロナ降格後は、症状のある患者や特別な人を除いて、屋内でも屋外でもマスクの着用が不要になります。また、患者には7日間、密着者には5日間の在宅を求めていた措置もなくなります。


新冠降级后,除了有症状的患者和特别的人以外,室内和室外都不需要戴口罩。另外,对患者要求7天,对贴身者要求5天在家的措施也会消失。

5種に下がれば、患者は入院費と診療費の一部を自己負担しなければなりません。ただ、市民が受診しなくなったり、診療現場が混乱したりするのを避けるため、異例の公費支給を続け、段階的に廃止する方針です。

ですが、皆さんも自分の健康のために身を守ってください。


如果降到5种,患者必须自己承担住院费和诊疗费的一部分。但是,为了避免市民不再就诊、诊疗现场混乱,将继续破例支付公费,阶段性地废止。

但是,请大家也为了自己的健康而保护自己!

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Yorumlar


bottom of page