top of page
  • 西東京国際カレッジ

留学先に日本を選ぶ理由  

更新日:2022年12月20日

現在では🇨🇳中国人、🇯🇵全外国人人口の 1/4 以上を占めています... ||| 2,961,969 人で、前年末に比べて 201,334 人増加しています。

全外国人のうち、中国人が総人口に占める割合が最も高く、74万455人で全体の25.1%を占め、ベトナム人が続き、韓国が3位でした。

上位10の国と地域の統計

🇨🇳中国人占了全🇯🇵国外人口总数1/4还多…|||🇯🇵出入国管理厅公布了最新在日外国人相关数据,数据显示截至今年6月末为止,在日外国人总数为296万1969人,与前一年末相比增加了20万1334人。

在所有外国人中,中国人在总体人数的比例最大,以74万455人占据总数的25.1%,其次是越南人,排在第三位的是韩国

前10个国家和地区的数据统计


そのうち、永住ビザ、技能実習ビザ、技術・人文知識、国際ビジネスビザ、留学ビザはいずれも学生数の増加傾向を示しており、以前は感染症の影響を受けて外国人留学生が日本に入国できず、その数は増加傾向にありました。日本への留学ビザを持っている学生の数は減少しましたが、今年の上半期には急増しています。 6月末現在、留学ビザで日本に長期滞在している外国人留学生の総数は、昨年末に比べて25%増加し、総数は26万767人に達したというデータがあります。

其中永住签证、技能实习签证、有技术,人文知识,国际业务签证以及留学签证,都呈现人数上升的趋势,之前受疫情影响留学生无法入境日本使得在日本持留学签人数降低,但是在今年上半年出现了暴增的情况。数据显示截至六月末持留学签证在日本长期滞留的外国留学生的总人数比去年年末增加了25%,总人数达到了26万767人。


12年間の国内教育が満たされている場合、最小申請基準が適用され、さらなる研究、雇用、およびその他のビザの種類への移行として使用できます。

中国に帰国しても、日本に滞在しても、比較的簡単に仕事を見つけることができます

今年, 2022 のクラスの大卒者の数は初めて 1,000 万人を超えました. 1,067 万人の卒業生, すでに大量の量に直面して, 😷 予防と制御に直面しています. 今年の卒業生の雇用市場は多くの人が留学を選択する理由は就職のための海外留学であり、留学生の卒業後の離職率については、日本は先進国の中でほぼトップです。

门槛低、可操作空间大

最低申请门槛满足国内12年学历就可以申请,可为之后升学、就职转换其他签证类型做过渡

无论回国还是留日找工作相对容易

今年2022届高校毕业生规模首次突破1000万人,1067万的毕业生,在本来就很卷的情况下,又面对着😷防控,导致曾经是“企业校招”都无法到校落实,使得今年的毕业生就业行情愈发低迷,为了就业而出国,也成了很多人选择出国的原因,而针对留学生毕业留下工作的情况,日本的几乎是发达国里最好的



日本への留学は安い

国立大学と公立大学の授業料は 3 万元から 4 万元で、授業料の減免や奨学金制度もあります。 ヨーロッパやアメリカの数十万の料金と比較すると、それは確かに非常に安く、さらなる研究のプレッシャーはそれほど大きくありません

「2022年中国大学生雇用報告書」​​によると、昨年の卒業生の4.2%が柔軟な雇用を選択し、新卒者の20%近くが高等教育に進み、海外に留学する大学院生の割合は19.2%で、そのうち国内大学院生は17.2%、外国人大学院生は2%、つまり20万人の卒業生が留学を選択しています...

日本留学费用便宜

国公立大学3、4万的学费,还有学费减免和奖学金机制。相较于欧美国家动辄几十万的费用,确实是很便宜升学压力没那么大

根据《2022年中国大学生就业报告》显示,去年的毕业生中,有4.2%的人选择灵活就业,近两成应届毕业生升学,同时考研“二战”比例也持续上升,2021届本科毕业生国内外读研比例为19.2%,其中国内读研的占17.2%,国外读研占比2%,也就是说20万毕业生选择出国读研了......





そして、大学院に熱心でない日本人は、日本の教授資源を比較的豊富にし、試験における留学生の競争力は少しも劣っていません...

2023年に日本に行くプランの選択では、やはり日本の学生ビザが主流!

上記は入国管理局からの最新情報をまとめたものです。

而并不热衷于的读研的日本人,使得日本的教授资源相对于更为富足,留学生考学的竞争力也小了不是一星半点儿.....

而在2023年的赴日计划中选择中,日本留学签证依旧是主流!

以上就是日本出入境在留管理厅的最新信息汇总了。

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page