top of page
  • 執筆者の写真西東京国際カレッジ事務局

文化体験活動を開催しました!

こんにちは、西東京国際カレッジでございます。

先日、学校で学生たちに日本文化代表的な茶道、折り紙、浴衣、書道体験を行ないました。




茶道

「茶道」とは、日本の伝統的な様式に則り、亭主が客人にお茶を点(た)て振舞い、客人は亭主のおもてなしを受け、お茶をいただくことを言い、「茶の湯」とも言われます。 「茶道」では、お茶の点て方(点前)、いただき方、座り方、礼(お辞儀)の仕方、立ち方、歩き方の動作にも色々な決まりがあり、これを作法といいます。












書道

「野球は日本の1億人以上のスポーツであり、書道は1億人以上の芸術です。」

書道は主に毛筆を使いその特徴を生かして紙の上に文字を書く。その技法(書法)には、筆法間架結構法布置章法があり、それぞれに様々な方法が編み出され、書体書風などによって使い分けられている。技法の習得には色々な教育機関を通じて書家に師事し古典を中心に学習し、書道展などに出品しながら技量を高めていくのが一般的である。

大作などの特殊な場合を除いて文化圏により書字動作に違いがみられ中国では高机に向かって立ったまま書くことが慣習であるが、日本では正座してしたためることが通例となっている。




折紙

日本人なら、ほとんどの人が小さい頃に親しんでいた折り紙ですが、成長するにしたがって、あまり折り紙に触れなくなってしまったという人も多いかもしれません。しかし海外では、子どもから大人まで、幅広い世代でブームになっています。



閲覧数:95回0件のコメント

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page