top of page
  • 執筆者の写真西東京国際カレッジ サポートセンター

日本料理のあっさりした味

日本料理といえば、皆さんが真っ先に口にするのが刺身です。今日は刺身についてご案内します。


说到日本料理,大家最先吃的就是生鱼片。今天为您介绍生鱼片。



刺身は新鮮な魚貝類は生を切って、香辛料をつけて食べる食べ物の総称。刺身の起源は中国で、長い歴史があって、後に日本、朝鮮半島などに伝えて、日本でとても人気の食べ物です。刺身は簡単で、食べやすく、栄養が豊富です。栄養学の角度から言うと、刺身は伝統的な炒め、揚げ、蒸しなどの調理方法を経ていないので、栄養物質が全く流失していない、とても栄養豊かな料理です。

一般的な刺身は、カツオ、タイ、スズキで作られ、最も高級な刺身はマグロです。宴会の時、生きた魚をかめに入れて、すくっては殺し、皮を剝いてはとげをとり、紙のような透明な薄切りにして食卓に出し、薬味につけて咀嚼します。

一般的には新鮮な海の魚や貝で作り、醬油やワサビなどにつけたもので、日本料理の中で最もあっさりした料理に近く、代表的な料理の一つです。

江戸時代までは、刺身は主にタイ、ヒラメ、カレイ、スズキが材料でしたが、いずれも白身でした。明治以降、肉の色が赤いマグロ、カツオは刺身の上等な材料となりました。日本人は貝類、ロブスターなどを薄切りにして、「刺身」とも言います。その中でもフグは刺身の第一人者です。

刺身を切る包丁は特製で、水をつけてはいけません。調理師はこの包丁で魚を薄く切ることができます。選択の魚肉は必ず新鮮でなければならなくて、多くの日本人は刺身が本当においしいのは数時間殺した後だと思っています。これは、死んだ魚が硬直した後にアミノ酸が最高点に達するからです。生魚を殺してすぐに作った刺身がおいしいのは、硬直する前の身にパサパサ感があるからだと考える日本人ももちろんいます。

刺身は緑色のわさびと醬油を薬味にします。わさびは鼻を突くような辛い味がする調味料で、殺菌効果があり、食欲もあり、日本人に愛されています。刺身皿には切り乾し大根、海草、シソの花などがよく飾られ、日本人の自然に近い食文化を表しています。

日本料理は刺身です。日本人は自らを「徹底した魚食民族」と呼んでいます。日本の漁獲量は世界第1位ですが、毎年また海外から大量に魚とエビを輸入して、一年一人当たり魚を食べて100数斤、米の消費量を上回ります。日本人は魚を食べて生があって、熟して、乾、塩漬けなどの各種の食べ方、刺身で最も貴重です。国の宴会や庶民のおごりで刺身をもてなすのが最高のマナーです。


生鱼片是新鲜的鱼贝类切生,蘸着香辛料吃的食物的总称。生鱼片起源于中国,历史悠久,后来传到日本,朝鲜半岛等地,在日本是非常有人气的食物。生鱼片简单,容易吃,营养丰富。从营养学的角度来看,生鱼片没有经过传统的炒、炸、蒸等烹饪方法,所以营养物质完全没有流失,是非常营养丰富的料理。


一般的生鱼片是用鲣鱼、泰国、鲈鱼做的,最高级的生鱼片是金枪鱼。宴会时,把活鱼放进笼子里,舀起来宰杀,剥皮摘下秃子,切成像纸一样的透明薄片放在餐桌上,蘸上调味料咀嚼。


一般是用新鲜的海鱼和贝壳做成的,蘸酱油和芥末等,接近日本料理中最清淡的料理,是代表性料理之一。


到江户时代为止,生鱼片主要以泰国、比目鱼、比目鱼、海鲈鱼为材料,但都是白肉。明治以后,肉的颜色是红色的金枪鱼,鲣鱼成为了生鱼片的上等材料。日本人把贝类、龙虾等切成薄片,也叫“生鱼片”。其中河豚是生鱼片的第一人。


切生鱼片的刀是特制的,不能沾水。厨师可以用这把刀把鱼切成薄片。选择的鱼肉必须是新鲜的,很多日本人认为生鱼片真的很好吃是在杀了几个小时之后。这是因为死鱼僵硬后氨基酸会达到最高点。当然也有日本人认为杀死生鱼后马上做的生鱼片很好吃,是因为僵硬之前肉有干燥感。


生鱼片用绿色的芥末和酱油做佐料。芥末是像戳鼻子一样有辣味的调味料,有杀菌效果,有食欲,受到日本人的喜爱。生鱼片碟子上装饰着切干的萝卜、海草、紫苏花等,代表着日本人接近自然的饮食文化。


日本料理是生鱼片。日本人称自己为“彻底的鱼食民族”。日本的渔获量是世界第一,但每年又从海外大量进口鱼和虾,一年一人吃鱼,超过100几斤大米的消费量。日本人吃鱼有生鱼,熟,干,咸等各种吃法,生鱼片最珍贵。在国家的宴会或老百姓请客招待生鱼片是最好的礼仪。

閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page