top of page
  • 国際カレッジ 西東京

日本の宅配ロボット、走行許可4月から本格的な配送開始

更新日:1月30日

道路交通法の改正・施行に伴い、人間が遠隔監視する自動運転配送ロボットが、今年四月から道路を走行できるようになると、時事通信が1月3日に報じました。


随着道路交通法的修改和实施,时事通信在1月3日报道了人类远程监视的自动驾驶配送机器人将从今年4月开始可以在道路上行驶。




昨年12月には、東京都中央区月島で無人宅配ロボット「デリロ」の実証実験が行われました。このロボットには歩道のデータが入力されていて、歩行者を発見して回避したり、交通信号の色を認識したりするカメラが6台取り付けられています。


去年12月,在东京都中央区月岛进行了无人快递机器人“德里罗”的实证实验。这个机器人输入了人行道的数据,安装了6台发现行人躲避,识别交通信号灯颜色的摄像头。


このロボットは約2年前から実証実験を始めています。配送範囲は南北1キロ、東西2.7キロです。

这个机器人大约在2年前就开始了实证实验。配送范围南北1公里,东西2.7公里。




ロボット配送を利用しているお客様のアンケート結果を見ると、「衛生面や安全面からロボット配送を好む」というお客様が多いようです。

从使用机器人配送的顾客的问卷调查结果来看,好像有很多顾客说“在卫生和安全方面喜欢机器人配送”。




経済産業省によりますと、自動配送ロボットの実証実験はこれまでに5つの都県で実施されています。同省の担当者は「人口減少が進む地域では、将来的にロボットを活用して物流の人手不足を解消できるのではないか」と話しています。

根据经济产业省的说法,迄今为止已经在5个都县实施了自动配送机器人的实证实验。该省的负责人说:“在人口逐渐减少的地区,将来可以利用机器人来解决物流的人手不足吧。”

閲覧数:0回0件のコメント
bottom of page