top of page
  • 国際カレッジ 西東京

事故ではないのに自動で消防署に電話 スマートフォンで増える

更新日:1月30日



今月5日、長野県の北アルプス広域消防本部が「スマートフォンやスマートウォッチから自動で消防署に電話がかかってくることが増えている」とツイッターに書きました。

自動でかかってきた電話は、今月10日までの約1か月に83回ありました。ほとんどがスキー場からの電話で、本当に事故だったのは1回だけでした。

最近のスマートフォンなどは、使っている人が転んだり何かにぶつかったりしたときなどに、自動で消防署の119番に電話をかける機能があります。

消防本部は、スキーで転んだときなどに、スマートフォンから自動で電話がかかってきたと考えています。このため、必要がないときはスマートフォンなどの設定を変てほしいと言っています。

本月5日,长野县北阿尔卑斯山广域消防本部在推特上写道“从智能手机和智能手表自动接到消防署电话的情况正在增加”。


到本月10日为止,大约一个月有83次自动打来的电话。大部分都是从滑雪场打来的电话,真的只有一次事故。


最近的智能手机等,在使用者摔倒或碰到什么东西时,有自动拨打消防局119电话的功能。


消防本部认为,在滑雪时摔倒的时候,智能手机会自动打来电话。因此,在没有必要的时候,要求改变智能手机等的设置。

閲覧数:1回0件のコメント
bottom of page