top of page
  • 執筆者の写真ウカ ウカ

【夏休みの生活について】

更新日:7月12日

夏休みが近づいてきました。


夏休みは、留学生の皆さんにとって、少し長めのお休みになります。

国に一時帰国をしたり、日本国内を旅行したり、アルバイトを一生懸命がんばったり、皆さんそれぞれに夏休みの計画があると思います。楽しみですね。


* 夏休み期間:2024年7月20日(土)~8月18日(日)/ 

       8月19日授業開始!!


1. 健康的な生活


①規則正しい生活を送る。

②健康管理に気をつける。


2. 事故防止


①川、海、池、プールなどでの水泳、水遊びや釣りをする際は、十分に気をつけ、危険な場所には近寄らないようにする。

②正しい自転車の乗り方をする。二人乗りは禁止。

③道路や公園などの公共の場所で、座り込んだり、お酒を飲んだりしない。

④花火をするときは、必ず許可されている場所ですること、許可されていない場所でした場合、警察に通報されることもあります。

⑤夜中に出歩かない。何かの犯罪に巻き込まれることもあります。

⑥危険なことはしない。

⑦外出する際は、どんなに近い場所でも「在留カード」・「学生証」を携帯すること。

3. 不審者、犯罪などから自分を守る。

①金銭、および金品のやりとりはしない。

②一人で出かける際は、友達やルームメイトなどに行き先や帰宅時間などを知らせておく。

③知らない人に誘われても一緒に遊んだり、ついていったりしない。

④万が一、何かの事故や犯罪に巻き込まれそうになったときは、すぐに学校や担任の先生に知らせる。また、内容によってはすぐに警察最寄りの交番に届ける。


4. アルバイト


①アルバイトは、決められた時間内ですること。夏休みは長期休暇のため、1日8時間以内です。

②スナック、BAR、キャバレー店、風俗店、マージャン、パチンコ、クラブ、マッサージ、エステ、ラブホテル、不法チラシ配布、など、留学生に許可されていない業種のアルバイトは禁止です。

③常識的に「学生に適合しない職種」のアルバイトはしないようにしましょう。判断が難しい場合は、自分や周囲の人たちの意見だけで判断せず、必ず学校に相談してください。風俗営業に関係する店舗では、そこで行われる仕事の一切に関わることが禁じられています。たとえば、BARやキャバレーではあるが、自分は接客せず厨房で皿洗いをするとか、パチンコ店舗やマージャン店舗ではあるが、店には出ず閉店後に掃除だけするなど、クラブやスナックではあるが、自分は接客せず道端で広告チラシだけを配布するなど、このような場合も資格外活動違反として入国管理局の摘発対象になります。

③最近増えている犯罪の中で、” 荷物を受け取る ” だけと称したアルバイトがありますが、他人の名前で届いた荷物を受けとるだけで犯罪になります。友人や知り合いなどに頼まれても絶対にやめましょう。たった1度受け取っただけでも、警察の取り調べを受け、逮捕されます。逮捕された場合、日本の裁判にかけられ、最終的に実刑判決を受け日本の刑務所に入る場合もあります。絶対にしないでください。


夏は、開放感からくる問題行動や不注意による事故も起こりやすくなります。自分が気をつけていても、思わぬ事故に巻き込まれることもあります。まずは、自分が落ち着いた行動ができるように心がけ、楽しい夏休みを過ごせるようにしましょう。

閲覧数:39回0件のコメント

Comments


bottom of page